数学類トピックス

数学類トピックス

筑波大学 GFEST 数学分野 特別実習(12月14日)

2014年12月14日に、筑波大学 GFEST 数学分野の平成26年度第1回特別実習が実施されました。

筑波大学 GFEST「未来を創る科学技術人材育成プログラム 筑波大学 GFEST (Global Future Expert in Science and Technology)」(以下 "GFEST" と略します)は、高いレベルの自主研究や、科学技術オリンピックへの参加などを通して、様々な科学分野での活動を行っている生徒を支援する事業で、文部科学省が、大学を拠点として将来グローバルに活躍しうる人材の育成を支援する「グローバルサイエンスキャンパス」事業の一環として行われているものです。

本年度、GFEST 数学分野には2人の高校生が採用され、数学類の教員と、数理物質科学研究科 数学専攻の大学院生が務めるティーチング・アシスタント (TA) が支援に参加しています。今回は、本年度最初の特別実習ということで、数学以外の分野も含め、2人の高校生を迎えて、実習を行いました。

GFEST 特別実習 セミナーの様子今回の実習では、前半で、生徒さん達に数学パズルの問題にチャレンジしてもらい、解答を発表して、担当の先生方やTAの人達と、問題の内容や関連する数学の話題について議論を行いました。

GFEST 特別実習 懇談の様子後半では、懇談形式で、先生方やTAの人達の研究内容の紹介や、生徒さん達の現在の高校での学習などの取り組みになどついて情報交換を行い、交流を深めました。

GFEST では、月毎に、受講生全体を対象とする共通プログラムと、各分野毎の特別実習を交互に行っており(詳しくはスケジュールを参照)、次回の実習は年明けに行われる予定です。

数学類就職支援懇談会開催(11月13日)

懇談会の様子(1)2014年11月13日(木)に数学類就職支援懇談会が開催されました。

これは、主にこれから就職活動を始める3年生を対象に、就職先が内定した4年生の方々にお話を伺い、今後の就職活動の参考にしてもらうことを目的に、数学類が主催したものです。

懇談会の様子(2)今回は、4年生の就職内定者から5名の方々を招き、就職活動の体験談や、これから就職活動を行う後輩たちへのアドバイス等について、お話しいただきました。参加した学生は、メモを取ったりしながら熱心に耳を傾けていました。

受験生のための筑波大学説明会 開催(8月23日)

模擬授業の様子8月23日(土)に大学説明会が行われました。

午前中は、「3学類(数学類・物理学類・化学類)合同説明会」が行われました。午後は、各学類に分かれての説明となりました。数学類では、

  • 模擬授業(久保隆徹先生)
  • 学生生活に関する展示・説明
    学生相談

が行われました。本年は80名以上の方々が参加しました。

学生相談の様子学生相談では、大学生活や勉強の仕方などについて、活発な質疑応答が行われました。

数学類体験学習 開催(8月7日)

黄金期の微積分学8月7日(木)に高校生を対象とする体験学習が開催されました。西村泰一先生に「黄金期の微積分学」をテーマに講義していただきました。

本年は44名の方々が参加しました。ご参加いただき誠にありがとうございました。


体験学習の様子や参加者の感想など、詳しくは体験学習のページをご覧ください。(体験学習のページ体験学習の様子参加者の感想

平成26年度学群入学式

4月7日、大学会館講堂において、平成26年度学群の入学式が行われました。
新入生のみなさん、誠におめでとうございます。
入学式の後には、学類ごとにオリエンテーションが行われました。
入学式

数学類就職支援懇談会開催(11月8日)

2013年11月8日(金)に数学類就職支援懇談会が開催されました。

これは、主にこれから就職活動を始める3年生を対象に、4年生で就職先が内定した方々にお話を伺い、今後の就職活動の参考にしてもらうことを目的に、数学類が主催したものです。

講演の様子今回は、4年生の就職内定者から、安藤瞭佑さん、椎名恵美さん、山崎裕輔さんの3名の方々を招き、就職活動の体験談や、これから就職活動を行う後輩達へのアドバイス等について、お話いただきました。参加した学生は、メモを取ったりしながら熱心に耳を傾けていました。

懇談の様子講演後は、講演者と参加者との懇談があり、質疑応答や意見交流が活発に行われました。

数学類4年次の國廣尭之さんがアルティメット世界大会で銅メダルを獲得

アルティメットの世界大会 "WFDF 2013 世界U-23アルティメット選手権大会" にミックス部門日本代表メンバーとして出場した 数学類4年次の國廣尭之(くにひろ・たかゆき)さんが、見事第3位・銅メダルを獲得しました。

WFDF 2013 世界U-23アルティメット選手権大会は、2013年7月22日(月)から7月28日(日)まで、カナダ・トロントのヨーク大学にて開催されました。種目は「オープン(男子)」、「ウィメン(女子)」、「ミックス(男女混合)」の3部門が開催され、 國廣さんは、既報の通り、ミックス部門日本代表チームのメンバーとして出場しました。

本大会のミックス部門は、日本、カナダ、アイルランド、オーストリア、ドイツ、米国、オーストラリア、ベネズエラ、英国、コロンビア、台湾(以上、予選エントリー順)の計11の国と地域が参加しました。

ミックス部門日本代表チームは、まず、 日本、カナダ、アイルランド、オーストリア、ドイツで争われる第1次予選を4勝0敗の1位で通過し、次にこのグループともう1つのグループの上位チームで争われる第2次予選を2位で通過し、準決勝に進出しました。準決勝ではカナダに惜しくも15対14で敗れましたが、第3位決定戦でベネズエラに17対10で勝って、第3位・銅メダルを獲得しました。

おめでとうございます。

数学類4年次の國廣尭之さんがアルティメット日本代表に選出

数学類4年次の國廣尭之(くにひろ・たかゆき)さんが、アルティメットの世界大会 "WFDF 2013 世界U-23アルティメット選手権大会" の日本代表選手に選出されました。

アルティメットは、フライングディスク(商品名:フリスビー)を用いて、ディスクをパスしながらゴールへ運ぶ、フットボールと同様の団体競技です。WFDF 2013 世界U-23アルティメット選手権大会は、23歳以下の選手が出場する世界大会で、今年はカナダ・トロントにて開催されます。

國廣さんは、筑波大学フリスビー同好会インバーハウス (INVERHOUSE) で選手として活躍してきましたが、今年初めに実施された代表選手選考会に「ミックス部門」で応募して合格し、代表出場が決まりました。U-23 チームには国内の強豪大学の選手が顔を揃える中、國廣さんは、本学から唯一代表に選ばれました。

國廣さんのコメントです。

アルティメットを始めて3年半、積み重ねてきた努力の成果をぶつけ、金メダルを持ち帰ることはもちろんですが、チームメイト、スタッフの方、家族、友人、大学の関係者の方のサポートに感謝し、日本代表として、筑波大学の代表として模範となるような行動をとりたいと思います。

アルティメットはまだまだマイナースポーツですが、私の活動をきっかけに、皆様に知って頂ければ、これ以上の喜びはありません。

応援、よろしくお願い致します。

WFDF 2013 世界U-23アルティメット選手権大会は、2013年7月22日(月)から7月28日(日)まで、カナダ・トロントのヨーク大学にて開催されます。國廣さんをはじめとする日本代表チームの健闘をお祈りするとともに、応援よろしくお願いいたします。


資料