数学類トピックス

数学類トピックス

数学手習い塾のコーナー

大学に入ってから数学の内容を理解できなくなったり、問題が解けなくなったり、高校までの数学との違いに戸惑ったりしてはいませんか?
数学手習い塾では、数学専攻の教員が、筑波大学に所属する学類生を対象としてあらゆる数学学習のサポートを行います。講義の数学の内容に関する質問にも答えます。どなたでもお気軽におたずねください。例えば、以下のような質問や相談に応じます。

  • 講義を聞いたり、教科書を読んだりしてわからないところの再解説。
  • 演習問題などの答案の書き方の指導。
  • 数学の勉強をしているが、漠然とよく分からず、どうやって理解したらよいか詳しく知りたいという相談。
  • 大学院についての質問や相談。

その他、数学に関するあらゆる相談を受け付けます。相談はウェブフォームで受け付けます。
対面での相談については当面zoomで対応します。

高校生による課題研究発表(6月24日)

岩手県立一関第一高等学校理数科の課題研究発表(指導:宮本次郎先生)が、一関一高と本学をオンラインで結んで行われました。

一関一高理数科3年生の11名の人達が、2グループに分かれて、前年度の課題研究の内容を発表しました。発表題目はそれぞれ「分数の小数展開の秘密」、「整数の (–N) 進法表記について」で、分数(有理数)の小数展開の性質や、(–N) 進法による演算の性質など、これまでの研究成果を詳しく発表し、数学類の教員が聴講しました。

研究発表の後の質疑応答では活発な議論が行われ、今後の研究の発展性が期待される内容になりました。

今回の課題研究を指導された宮本次郎先生には、これまでにも数学類の学生を対象にした懇談会で、教職を目指す学生に対してアドバイスをいただいています。

卒業式 (03/25)

3月25日、筑波大学では卒業式が行われました。卒業生の皆さま、まことにおめでとうございます。
これからのご活躍をお祈りしております。

卒業式の後には、数学類学位記授与式が行われました。