体験学習

高校生を対象とする数学類の体験学習では、大学で研究されている数学の内容について、高校生向けにやさしく解説します。数学を学びながら、大学でしか味わうことのできない、わくわくするような体験ができます。

 


 

令和 4 年度

筑波大学 数学類体験学習

ポスターのPDFファイルはこちら

日時 8月4日(木)  9時30分〜17時

形態 Zoomにてオンライン開催

講師 福島 竜輝(数理物質系 数学域 准教授)

講演題目 「平面にランダムに点をばらまけるか?」

概要

平面上にランダムに点をばらまきたいと思います。何となく下の図のような結果になることが想像できると思います。

しかしこれをどうやって実現するかは、意外に難しい問題です。まず領域を上の図の通りに正方形に限ったとして、「どの特定の点を見ても、そこに点が落ちる確率は 0 だから、最初の点をどこに取ってよいかわからない」、「仮に最初の点の取り方がわかって、そのあとも同じ手続きを繰り返せるとしても、いくつ点を置けばよいのかわからない」、といった問題があります。さらに無限に広がる平面に点をばらまこうと思うと、最初の点を置く場所の悩みはさらに大きくなります。仮に正方形の場合が解決したとすれ ば、平面を正方形のタイルに分割して、それぞれの中にランダムに点をばらまくという方法が考えられますが、「タイルの一辺を 1 にしたときと 2 にしたときで、同じ結果が得られるのか? 蜂の巣のように正六角形に分割してはいけないのか?」など心配の種は尽きません。

この体験学習では、上の問題について一つの自然な方法を提案し、それで上の心 配事が解決しているかを考えてみることにします。またその過程でネイピア数(またはオイラー数)と呼ばれる面白い数が自然に登場するので、ときどき脱線しながらその数に関してもいろいろな性質を調べてみたいと思います。

プログラム

8月4日(木)Zoomにてオンライン開催

9:30〜  入室可能
10:00〜10:05  開会宣言、講師・TAの紹介など
10:05〜11:30 講義と演習「平面にランダムに点をばらまけるか?」講師: 福島 竜輝
11:30〜13:30 お昼休み(各自で昼食をとって下さい。)
13:30〜15:00 講義と演習「平面にランダムに点をばらまけるか?」講師: 福島 竜輝
15:05〜15:15 学類長(佐垣先生)のお話
15:15〜15:45 アンケート集計結果発表と回答・質疑応答
15:45〜16:40頃 懇談会
(講義講師、世話人および筑波大学数学類在学生数名とのいくつかのテーマに分かれての懇談会です。)

プログラムとアンケートの結果と回答

Taiken2022.pdf (講義前に配布した空欄ありversion)
Taiken2022after.pdf (講義後の空欄記入済みversion)


*今後若干の変更が行われる可能性があります。

募集人員 60名

参加費 無料

申込方法

下記ページからオンラインでお申し込み下さい。

体験学習申込フォーム

申込締切:7月25日(月)

定員に満たない場合には、締切後も随時受け付けます。

参加者の決定

申し込み順に受け入れを決定します。定員を大きく超えた場合には受け入れられない場合もありますので、予めご了承ください。参加登録者にはすでにZoomのアドレスを添付した案内メールを送信しています。
もし、登録したが案内メールが確認できない場合、丹下 (tange@math.tsukuba.ac.jp) まで至急メールをお送りください。

問い合わせ先:029-853-8073(学群教務)


 過去の体験学習

これまでの体験学習の様子については、こちらをご覧ください。参加者の感想についても、こちらでご覧いただけます。


 元祖体験学習

体験学習は「筑波大学ではいったいどのような講義が行われているのか?」という疑問に応えることで、大学進学を考えている皆さんに将来筑波大学に来てほしいという願いから、平成6年、全国にさきがけて筑波大学で始まりました。その際、数学系の4人の講師の話に先立って、初日には当時の江崎玲於奈学長の「トンネルへの長い旅路」と題した興味深い講演(右の画像が講演の様子)もありました。



 他学類の体験学習