数学専攻トピックス

2012年10月の記事一覧

数学専攻懇談会開催(10月18日)

 2012年10月18日に、今年度の博士後期課程進学説明会を兼ねた、数学専攻懇談会が開催されました。これは、数学専攻で毎年開かれている「学生と教員の懇談会」の内容を拡充する形で行われたものです。

 第一部では、冒頭、本学副学長の赤平昌文先生からお話をいただき、学務委員の田島慎一先生より、博士後期課程の概要紹介が行われました。その後、博士後期課程3年の森岡悠さんより、博士後期課程進学予定者へのアドバイスと、各種の奨学金や研究助成への申請アドバイスのお話がありました。

 博士後期課程の紹介の後は、8月に着任された教授の秋山茂樹先生の自己紹介と、若手の先生方の自己紹介や研究の紹介が行われました。若手の先生方からは、博士後期課程の間や、大学院修了後、現職に就くまでの研究や就職の道筋に関するお話がありました。

 第二部では、例年の「数学専攻の学生と教員の懇談会」として、大学院に対する学生からの要望などについて話し合われました。その後、大学院生と若手教員の自由な懇談が行われ、博士後期課程やその後の就職に関する話題など、活発な質疑応答が行われました。

数学専攻 就職支援懇談会開催(10月11日)

講演の様子10月11日(木)に数学専攻就職支援懇談会が開催されました。

これは、主に、博士後期課程への進学や教育関係(高等学校、高等専門学校、大学)への就職を考えている学生を対象に、本専攻修了後、教育機関で活躍されている先輩方にお話を伺い、今後の進路選択やキャリア形成について参考してもらうことを目的に、数学専攻が主催したものです。

懇談の様子今回は、安保勇希さん(国際基督教大学高等学校)、名倉誠さん(奈良工業高等専門学校)、片長敦子さん(信州大学)の3先生方にご講演いただきました。先輩方の現在のお仕事の紹介のみならず、現在に至るまでのキャリアや職業観の形成などに関するお話もあり、参加した学生は熱心に耳を傾けていました。

講演後は、講演者と在学生との懇談会があり、質疑応答や意見交流が活発に行われました。