修士論文一覧

修士論文

令和元年度
  • 非負整数成分行列のなす$C$型クリスタルにおける極大元に関する考察
  • Shearlet変換の一般化
  • A Test of Diagonal Structures for High-Dimensional Covariance Matrices(高次元共分散行列に対する対角構造の検定)
  • 非負整数成分の行列のなす両側クリスタルにおける両側エクストリーマル元について
  • A generalization of modular moonshine to composite order(合成数位数へのモジュラームーンシャインの一般化)
  • Asymptotic Properties of Distance Weighted Discrimination and Its Bias Correction(距離加重判別分析の漸近的性質とバイアス補正)
  • 組合せゲーム理論におけるLoopy Gameの研究
  • 線形コンパクト加群と条件Ab5*を満たす加群
  • トーラス上の重み付きL2空間上での固有値問題について
  • 遺伝的アルゴリズムとニュートン法を用いた非線形方程式の解法
  • $S^3$中の順なカントール集合の特徴付け
  • High-dimensional covariance matrix estimation under the strongly spiked eigenvalue model(強スパイク固有値モデルにおける高次元共分散行列推定)
  • 有限集合論における独立命題について
  • ZFCとPAの可算モデルの埋め込み
  • 偏極分割関係, Pcf理論とPrikry型強制法
  • 従属性を有する高次元混合モデルの幾何学的表現
  • 発進確率を考慮した交通流モデルに関するシミュレーションとその解析
  • Hardy空間$H^2(\mathbb{R})$上のウェーブレットの構成とその性質
  • Variable Selection in Multivariate Linear Regression Models(多変量線形回帰モデルにおける変数選択)
  • 可換一意分解整域上の行列の既約分解について
  • Kneserグラフの彩色数と近傍複体
  • 数式処理によるロボットの逆運動学問題の解法と実装
  • 強い順序を持たない理論の階層に関する一考察
  • Automorphism groups of lattice vertex operator algebras over commutative rings(可換環上の格子頂点作用素代数の自己同型群)
  • 後退的ラムゼー数とアッカーマン函数について
平成30年度
  • 負型連分数の統計的性質
  • 圏論による量子計算のモデル
  • ランク2のKac-Moody代数に関する非連結なLakshmibai-Seshadriパス・クリスタルについて
  • 非負整数成分行列を用いた(Cn,GL(2))両側クリスタルにおける左Cn極大元について
  • ベイズ統計学におけるMCMC法と収束判定法
  • 確率微分方程式に基づく新たなアフィンイールド型金利モデルの考察
  • Bias-corrected support vector machines for high-dimension, low-sample-size data(高次元小標本データに対するバイアス補正サポートベクターマシン)
  • Equality tests of high-dimensional covariance matrices(高次元共分散行列の同等性検定)
  • 歪正規分布におけるパラメータ推定
  • 時間遅れをもつBurgers方程式と渋滞学への応用
  • 非整数階リッジレット変換
  • Universal central extensions of linear groups over rings of non-commutative Laurent polynomials, associated K1-groups and K2-groups  (非可換ローラン多項式環上の線形群の普遍中心拡大およびK1群とK2 群)
  • Tests of high-dimensional correlation structures under the strongly spiked eigenvalue model  (強スパイク固有値モデルにおける高次元相関構造の検定)
  • スーパー代数群の商G/Hの幾何的構成
  • 多重辺を持つ有限型Kac-Moody代数における基本ウェイトのWeyl群軌道とd-complete posetの関係
  • 順序付きカテゴリカルデータのモデルについて
  • ある非対称な損失関数に対するベイズリスクの下界
  • Lachlan予想に関連する一考察
  • ランク2双曲型Kac-Moody代数に対するエクストリーマルLakshmibai-Seshadriパスについて
  • 強スパイク固有値モデルにおける高次元2標本検定
  • パス・グラフの積の原点におけるスペクトル分布について
  • モジュラー方程式
  • ダイヤモンドの対称性について
  • 周期性をもつ結晶格子の構造について
  • A型ワイル群の強minuscule元に関する数え上げ
  • Model Theory and Regular Languages(モデル理論と正規言語)
  • Updating PageRank vector based on the hyperlink graph's aggregation  (ハイパーリンクグラフの凝集に基づくPageRankベクトルの再構成)
  • Local weak presaturation of the strongly non-stationary ideal(強非定常イデアルの局所的弱準飽和性)

平成29年度

  • 歪正規分布の確率密度関数から見たアルキメデスコピュラの最大値と最小値の確率密度関数
  • Quasi-symmetric invariant properties of Cantor metric spaces(カントール距離空間上の擬対称不変性質)
  • 双曲曲面におけるMcShane-Mirzakhaniの恒等式について
  • Two-sample tests for high-dimensional covariance matrices via the extended cross-data-matrix methodology (拡張クロスデータ行列法による高次元共分散行列の2標本検定問題)
  • 自己準同型環上から見た加群の構造
  • 特殊ユニタリ群のMorse関数
  • 拡張二項誤差モデルに基づく新たな非補償型多次元項目反応理論モデル
  • Note on Outlier Detection for  High-Dimensional Data (高次元データにおける外れ値検出に関する考察)
  • 最適停止理論を用いた環境政策採用時期の考察について
  • 窓ラドン変換と再生公式
  • 集合論的手法による小さなDowker空間の構成
  • Bezoutの終結式行列による1変数多項式の近似最大公約子の計算アルゴリズムの研究

平成 28年度

  • Transfinite Version of Welter's Game(超限ウェルターゲーム)
  • 有限可解群の平均指標次数
  • ハンドル体絡み目とカンドルの連結性
  • Topological entropy on one-dimensional continua(1次元連続体上での位相的エントロピー)
  • exponential-symmetryとpower-symmetry
  • Wasserstein空間の弧長構造について
  • 2次元半空間定常Stokes問題に関する考察
  • 決定木による分類とアンサンブル学習
  • 量子Bruhatグラフにおける最長元から単位元への最短経路とPBW次数の関係
  • 組合せゲーム理論の Fox and Geese への応用
  • 積分を持つスーパー代数群について
  • カンドルと圏
  • コンパクト型Hermite対称空間の実形の交叉
  • 双曲距離空間の双曲積について
  • D型リー代数における既約表現の基底の構成
  • グライス代数が対称行列全体のなすジョルダン代数である頂点作用素代数とその表現
  • ℵ₀-categoricity and constructions of dense binary trees(ℵ₀-範疇性と稠密二分木の構成)
  • 有限量子群およびその量子ダブル上の単純加群について
  • Bias-corrected support vector machine in high-dimension, low-sample-size settings(高次元小標本におけるバイアス補正サポートベクターマシン)
  • 選択公理の独立性証明
  • Fejér核の一般化
  • Around Forking on Stable Theories(安定な理論における分岐概念とその周辺)
  • Mathematicaによる正方形充填問題の研究
  • 定義可能な超準モデルの超べき構成法
  • ラムゼーの定理と整列擬順序集合の基礎
  • Gelfand-Shilov空間におけるウェーブレット変換

平成27年度

  • 距離空間の捩れ積のグロモフ双曲性
  • スピノル群の極大対蹠部分群
  • Geometric properties of inverse limits using logistic family on the closed interval [0,1]
  • On Regularity Properties of Sets of Reals and Inaccessible Cardinals
  • ラドン変換による波動方程式の基本解の表示
  • 高次元におけるサポートベクターマシン
  • ヨーロピアン・デリバティブのヘッジング
  • 有限体上の楕円曲線について
  • 幾何学的不変性を用いた限量子消去の効率的な計算
  • 限量子消去における White-Box アルゴリズムの拡張と実装
  • skew-q-gaussian分布
  • OLA停止規則の最適性とオークションモデルへの適用
  • 曲線の双曲曲率エネルギーに関するDirichlet問題
  • 無限射影次元を持つ radical layers の長さとその拡張
  • A two-sample test for high-dimension, low-sample-size data
  • 楕円曲線暗号及び等分点の引き上げについて
  • Tests for high-dimensional covariance structures using the extended cross-data-matrix methodology
  • 同変淡中再構成定理について
  • 特異基数仮説を否定するモデルについて
  • 多項式写像の無限遠点におけるモノドロミーに関する研究
  • 圧力安定化特性曲線有限要素法によるナビエ・ストークス方程式の解の近似と数値実験
  • Bind mapとその応用
  • 大学入試における数列の問題を解くための自動推論とその実装について
  • リサージュ曲線上を動く3点の配置について

平成26年度

  • Large covariance estimation for a spiked factor model
  • 高次元平均ベクトルの検定とその最適性について
  • Reconstruction of a low-rank matrix for high-dimensional data
  • マヤゲームの解析
  • 逆形ゲームの解析:逆形商
  • Harmonic moment tail index estimatorの漸近バイアス縮小
  • Ramseyの定理によるHales-Jewettの定理の証明
  • 無限個の素モデルを持つ理論について
  • 多層パーセプトロンにおけるフィッシャー情報行列の正則条件
  • 単項式による結晶基底の実現
  • 整数計画法とグレブナー基底について
  • 曲率が有界な2次元位相多様体の曲率測度について
  • コンパクト対称空間の対蹠集合
  • 木のラプラシアンの固有値について
  • 離散変分導関数法による偏微分方程式の近似解数値計算法
  • ランダムウォークの片側滞在時間に関する極限定理
  • 1次元拡散過程の収束について
  • 圧力安定化法による近似Navier-Stokes方程式の考察
  • 半正定値計画を用いた生存確率の数値解析について
  • ウェーブレット変換を用いたラドン変換の反転公式

平成25年度

  • 多ソート論理における素モデルの一意性について
  • Asymptotic Distribution of the Largest Eigenvalue and Its Applications in High Dimension, Low Sample Size Context
  • 有限次元monomial algebraのSyzygy Theoremについて
  • On Regularity Estimates of Wavelets
  • Colorings for set-valued maps
  • Transcendence criteria with p-adic continued fractions
  • 1次元拡散過程について
  • p進数計算の研究とアルゴリズムの実装
  • シフト直交ウェーブレットの構成について
  • Picard-Vessiot群スキームの閉埋め込み定理
  • An alternative proof to the equivalence of dividing and forking in NTP2 theories
  • Sj?strand algebraとFefferman-Phongの不等式
  • Rigidity of manifolds with boundary under a lower Ricci curvature bound
  • Riemann多様体上のMaxwell方程式に対する境界値逆問題
  • パーコレーションにおける臨界確率について
  • Waveletに対する無条件収束性について
  • 半直交ウェーブレットの構成法について
  • Robust Estimation for High-Dimensional Contaminated Models
  • ループ状グラフにおける散乱問題
  • 走化性モデルの誤差解析
  • レムニスケート関数の虚数乗法公式について
  • ブラウン運動の構成法と性質
  • 接合関数を用いた分布の極値従属性
  • 周期的な2つの δ-相互作用を持つシュレーディンガー作用素のスペクトルの漸近挙動
  • Coloring theory for periodic maps
  • FBI変換について
  • αβ 法の有意性について
  • Gorenstein dimensions in abelian categories
  • Galoisの逆問題
  • 調和写像の存在定理とその応用
  • Radon変換, Fourier変換とCTスキャンへの応用
  • 無限系列をもつある p-群について
  • 平面領域のタイリングの研究
  • The extention property of fixed point free maps

平成24年度

  • 球面上の凸核について
  • Compacti cations of separable metric spaces and dimensions
  • Algebraic supergroups over PID
  • 正曲率を持つRiemann orbifoldsの第1固有値と直径について
  • 従属性を有する高次元小標本データの幾何学的表現とその応用
  • ある素数に対するLeopoldt 予想が成立する3次体の例
  • 不確定特異点を持つ常微分方程式の形式簡約とその漸近展開への応用
  • n 次元万有空間
  • Information inequalities for the Bayes risk
  • 群の同値類の個数について
  • Characterizations of countable dimensional spaces
  • ゲーデルによる完全性定理の証
  • 局所有限グラフ上における磁場中のシュレーディンガー作用素の本質的自己共役性について
  • 反復q-差分環のPicard-Vessiot 理論について
  • The stability of the K_\gamma
  •  一般化されたカントール集合のハウスドルフ次元

平成23年度

  • 有限ブール代数におけるatomのparityに関する定義不可能性
  • 非線形フィルターの近似について
  • Fibonacci数列とTribonacci数列 ―関係式、周期性、行列などを中心に―
  • 公開鍵暗号系と素因数分解に関する研究
  • Zero-dimensional covers and colorings of homeomorphisms(同相写像の0次元被覆と色分け)
  • ラプラシアンの比較定理とその応用
  • Cluster Analysis for High-Dimensional Data(高次元データに対するクラスター分析)
  • Characterizing infinite-dimensional manifolds and its application(無限次元多様体の特徴付けとその応用)
  • 容量に制限のある排他待ち行列の解析
  • 関連ベクトルマシンに基づく情報量規準と教師あり学習
  • 母集団におけるクラスの数に対する推定
  • 連続体の非連結数について
  • Sturm-Liouville 逆問題とその特性
  • 楕円曲線の公開鍵暗号への応用について
  • 音響方程式と力学系的逆問題
  • Some topics of dynamical properties of homeomorphisms(同相写像の力学的性質に関する諸問題について)
  • 1次元拡散過程の推移確率密度の漸近挙動
  • 2階の双曲型方程式に対する初期値問題がGevreyクラスでillposedとなるような係数の構成法について
  • 4次元Euclid空間内の平坦曲面
  • 半線形放物型擬微分方程式に対する初期値問題について
  • 1次元拡散過程について
  • 双加群の係数拡大
  • クリスタルB(∞)に対応するパス模型
  • The Box Topology of an Infinite Simplicial Complex(無限単体複体の箱型位相)
  • 台が有界な分布に対する逐次推定について
  • Proper Forcing Axiomの無矛盾性

平成22年度

  • アステカダイヤモンドのドミノタイル貼りの数え上げ  
  • グラフのCycle Double Cover全体に付随する線形空間について  
  • 放物型概均質ベクトル空間とDynkin図形  
  • Finiteness of the Orbit Theory of Free Boson Vertex Operator Algebra(フリーボゾン型頂点作用素代数の軌道理論の有限性)  
  • トーラス上の分散型方程式の初期値問題に対するL?‐適切性  
  • 局所化されたヒルベルト第5問題について  
  • C分体上の中心的単純環について  
  • Mirkovi?-Vilonen多面体のテンソル積計算の為のアルゴリズム  
  • On the new family of the Str?mberg type ofwavelet interpolating to the Shannon wavelet(シャノンウェーブレットへ補間するストレンベルグタイプの新しいウェーブレットの族について)  
  • パス多元環と有限次元多元環について  
  • Universal Theoryにおける単純性  
  • A model theoretic approach to infinitary logic(無限論理へのモデル論的アプローチ)  
  • ゲーム“Hex”のプログラミングとパス探索  
  • ゲームのAtomic Weight  
  • 半順序集合の表現について  
  • 2体問題における離散Schr?dinger作用素の研究-束縛状態の数-  
  • 一般Kac-Moody Lie環の表現のパス模型とその応用  
  • アフィン頂点作用素代数の制限双対加群について  
  • Pathway Analysis for High-Dimensional Data(高次元データに対するパスウェイ解析)  
  • Robust Model Selection by β-Lasso Estimation(β-Lasso推定による頑健なモデル選択)