博士課程前期修了後の進路

博士課程前期修了後(修士号取得後)の進路としては次のようなものがあります。


博士課程後期への進学

より高度な数学の研究を行い、博士号を取得したい場合は博士課程後期(3年)に進学します。 特に将来大学で数学の研究をする(いわゆる数学者になる)ことを目指す方は、 博士課程後期に進学する必要があります。


高校などの教員になる

博士課程前期で高度な数学の知識・経験をつんだ後、高校などの教員になり活躍している人は多くいます。 博士課程前期において(必要用件を満たすことで)「専修免許」を取得することができます。


企業への就職

多いのは金融系・IT系の企業ですが、それ以外にも多くの企業からの求人があり、 修了者の就職先も多くの業種にわたります。 以下は、過去の博士課程前期修了者の就職先の一部です。


NTT東日本、NTTコムウェア、NTT研究所、富士通アドバンストソリューション、

日本コンピューター・システム(NCS)、NECシステムテクノロジー、

日立ソフトエンジニアリング、日立電子サービス、日立製作所、株式会社ANA Cargo

田辺三菱製薬、武田薬品工業

三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、

みずほ総合研究所、野村総合研究所、新生フィナンシャル株式会社、アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)

太陽生命保険、SMBC日興証券株式会社

ベネッセ・コーポレーション、ニコンシステム、日本トイザラス、住友商事

その他

公務員(国家・地方)など