自信に満ちた歩み

大和田 章一
第一三共株式会社
1999年度卒業 

 数学専攻を希望し自然学類に入学した私ですが、教員関連科目を含め他学群の講義も履修しやすい環境にあったことから、数学以外にも興味をもった科目は履修しました。幅広い知識を知り世界観を広げることで、“数学”が自分に適していると自覚し、自分が選択する道に自信を持つことができました。

 私はいま、製薬企業で数理統計の知識をフルに活かした仕事をしていますが、大学時代に自分が信じて歩んだ道(数理統計)であることが強い支えとなり、充実した日々を過ごしています。
 数学専攻を希望し自然学類に入学した私ですが、教員関連科目を含め他学群の講義も履修しやすい環境にあったことから、数学以外にも興味をもった科目は履修しました。幅広い知識を知り世界観を広げることで、“数学”が自分に適していると自覚し、自分が選択する道に自信を持つことができました。

 また、多くの学生が大学近辺に住んでいることもあり、昼夜を問わず自分が納得できるまで友人と議論できる環境がうれしかったです。私は数理統計学を専攻しましたが、数学以外の分野の友人とも多く議論し、研究テーマや将来について熱く語り合いました。自分とは違う視点での考えに耳を傾け議論することで、私の中での数理統計が徐々に確立し、自分のやりたいことが明確になっていったのです。