夢の実現

川崎 あすか
山梨県立日川高等学校 教諭(数学)
2007年度卒業

「教師になりたい」という夢を持ち、数学だけでなく、将来に繋がる幅広い教養を学べる大学を選び、筑波大学への進学を決めました。

 教師の夢が叶った今、私の糧となっているのは、青嶋研究室で過ごした日々です。興味のあった「統計学」を専攻しました。「今しかできないことがある。それを精一杯やりなさい」と、青嶋先生はいつも仰って下さいました。「失敗してもいい、その経験から成長することができる」と。教師になった今も、青嶋先生のこの言葉を胸に毎日を過ごしています。統計学について学ぶだけでなく、ゼミでの発表を通してプレゼン能力を養うこともできました。この経験が教師になった今も活かされています。ゼミの仲間と数学について語り合ったことは良い思い出です。同じ目標を持った仲間が研究室に多く、切磋琢磨しあえたことが何より励みになりました。

 学業を通して出会う友人はもちろんのこと、テニスサークルに所属して、学類を越えた多くの友人にも出会うことができました。筑波大学は人と人との繋がりが強く、そんな出会いが私を成長させてくれました。この大学4年間があったからこそ、現在も充実した日々を過ごすことができていると思います。